着任にあたって

 平成29年4月1日、大和市立光丘中学校に着任いたしました。校長の犬塚克徳(いぬづか かつのり)と申します。どうぞよろしくお願いいたします。前職は大和市教育委員会で、平成11年4月から平成17年3月までは古い校舎の光丘中学校で授業や学級担任、部活動の顧問として勤務しておりました。校舎も新しくなり、新たな気持ちで子どもたちのために働いていきたいと思っております。

 さて、4月5日(水)の入学式で新入生(1年生)273名(男子144名、女子129名)を迎え、2年生280名(男子148名、女子132名)、3年生299名(男子150名、女子149名)、合計852名(男子442名、女子410名)でスタートしました。

 1年生は仮入部が始まり、多くの部活動で元気な声が聞こえてきます。2年生は先輩として見本となるよう、新たな責任感を感じながら生活しています。3年生は最高学年として、様々な場面で学校の中心になれるよう努力しています。

 入学式や始業式、保護者会では光丘中学校の職員全員で子どもたちの「安全・安心」を守ることを第一に教育活動を進めてまいりますと話をさせていただきました。そのためには保護者のみなさまや地域の方々のご協力が不可欠であります。今後ともご支援賜りますようよろしくお願いいたします。

 さらに、本校の学校教育目標である『「豊かな人間性」「身についた知性」「健康で強靭な体力」を持った生徒の育成』の具現化に向けて職員一同、全力で取り組む所存でございますので、保護者、地域のみなさま方のご理解、ご支援、ご協力を心よりお願いし、着任の挨拶とさせていただきます。