5月31日(木)、スケアードストレイト教室が行われました。スケアードストレイト教室とはスタントマンを活用した体験型の交通安全教室のことです。

 飛び出した自転車がオートバイとぶつかる、トラックが交差点を曲がるときに自転車を巻き込む、自転車通行可の歩道における自転車と自動車の衝突事故といった交通事故を間近で見ました。目の前で繰り広げられる光景に生徒は驚き言葉を失うとともに、改めて安全に気をつけていかなければならないと感じたようです。

 お忙しいなか、スケアードストレイト教室を行っていただいたみなさん、ありがとうございました。