大和消防署より2名の救命救急士の方々に来ていただき、2年生全員を対象にAEDの体験と研修会を開催しました。

 AED(自動体外式除細動器)とは、心臓がけいれんし血液を流すポンプ機能を失った状態(心室細動)になった心臓に対して、電気ショックを与え、正常なリズムに戻すための医療機器です。

 まず、大和市で救命救急士第1号の方から迅速で正確な行動が必要であるとの説明をうかがいました。その後、4人グループとなり人形を使ってAEDの使用方法と人工呼吸法を学びました。

 

AED1   AED2