9月18日に、座間街道の街路樹に銘板を設置しました。県の道路管理課が所管する、街路樹パートナー制度に緑野小が申し込みました。平成22年から申し込みが始まり、県内の様々な道路で街路樹を植え、そこに銘板を付ける活動が始まっていました。緑野小の銘板は、児童会運営委員の6年田中志龍さんと原優芽さんがつけました。マンションの小さな公園の前のヤマモモの木です。どうぞご覧下さい。

1234