4月

第62回入学式・始業式

昨年度の1年生が毎日水やりをして心を込めて育てたチューリップや、本校の美化ボランティアの皆様が植
えてくださった花々が美しく咲きほこる中、4月5日、新たに67名の1年生が入学しました。

1年 交通安全教室

 

5月 

4年 環境管理センター

 とても暑い日でしたが、引地台公園近くの環境管理センターまでゆっくり歩いていきました。
ゴミが処理される瞬間を至近距離から見ることができました。
環境管理センター

 

5,6年 自転車交通安全教室

大和市では、昨年度より、自転車ルールやマナーを身に付けた5・6年生の児童たちに、
自転車保険付き自転車運転免許証を交付することになりました。
これを受けて、自転車交通安全教室が開催されました。

56年交通安全教室

 6年 奇跡の修学旅行!日光

5月18、19日の日光市の天気予報を見たら雨マークが…。遠足では雨の経験がない「晴れ男」「晴れ女」の学年。
「絶対に晴れにしたい」という思いを込めて教室に、てるてるぼうずを吊るしました。

その願いが叶い、本番では一度も傘をさすことなく全行程を終えることができました。
6年修学旅行


今年より宿が湯元源泉の「スパビレッジカマヤ」にかわったため、今までと行程を少し変えました。
草柳小での過去初体験が足湯です。ゆったりと浸ってハイキングの疲れを癒すことができました。
2日目の明け方に大雨が降りましたが、それも宿を出るころには止み、絶好の日和となりました。
華厳滝は、最高の美しさ!通常1.5トンの水量のところ、この日は1.8トンも水量があったため
美しさが増していました。
東照宮では、修復後の陽明門や(塗り直して顔が変わった)三猿などの世界遺産に感動していました。

いいことずくめの修学旅行。子どもたちは、大満足で帰途につきました。
 


 3年 こどもの国遠足

こどもの国といえば、ソフトクリーム!
「普通のアイスクリームよりとろとろしていておいしい。」という子もいました。
弁当を食べたあとは、「雨なんてふきとばせ」とばかり、こども遊牧場のモーモードーム(トランポリン)で
跳びはねていました。 
3年こどもの国遠足


 4年 綾瀬浄水場・宮ケ瀬ダム見学

まず宮ヶ瀬ダムへ。第4金曜日に遠足の日を設定したのは観光放流があるからです。
その放流を間近に見た子どもたちは、
「水しぶきが橋の所まで飛んできて、想像以上にすごかった。雨が降ったみたいだ。迫力満点。」
と感想をもらしていました。その後、綾瀬浄水場で、ろ過や浄化の体験活動をしました。
4年宮ケ瀬ダム遠足

 


 5年 愛川ふれあいの村 キャンプ

ちょうど梅雨明け宣言された日だったため、とても暑い2日間となりましたが、子どもたちは思い切りキャンプを楽しんでいました。
特に盛り上がったのがキャンプファイヤーです。火の神様から4つの火を受け継ぎ、厳かにスタートするも、その後のスタンツが大盛り上がり。
お笑いあり、ダンスありで皆で身体を動かし、楽しく過ごしました。
友だちと寝食を共にする体験を通して、子どもたちの絆がさらに深まったようです。
夜の活動の様子
5年キャンプ昼間の体験
 

2年 トウモロコシの皮むき体験

今年も2年生がとうもろこしの皮むきを体験しました。朝どりの新鮮なとうもろこしを、1~2時間目にむいて、
全校でその日の給食で食べました。初めて体験する子どももいて「楽しかった!」と大喜びでした。
「みわくのコーン ゴールドラッシュ」という品種は、とても糖度が高く、甘い味でした。

2年 トウモロコシの皮むき体験

 

9月29日 運動会

1,2年 みんなの宝島



3年 かがやけ! 明日の太陽



4年 レギオス2018

4年 レギオス2018 明日の太陽



5年 Lock On 君のハートをわしづかみ

5年 Lock On! 君のハートをわしづかみ



6年 一笑懸命 心を一つに 草柳乱舞

6年 一生笑命 ~心を一つに 草柳乱舞~

卒業生ボランティアのみなさん

卒業生ボランティア(中学生)のみなさん



10月18日 5年 出前授業 ANA Blue Academy ミライつく~る

5年 ANAの出前授業の様子
第5学年の総合的な学習の時間のテーマは、キャリア教育「未来へのステップ~夢を実現するために」、
です。探究活動や体験活動を通して働くことへの意味を考え、将来への展望を持つということを目標と
しています。

全日本空輸(ANA)のキャリア教育出前授業の特色は、現役のパイロット、キャビンアテンダント、
整備士、グランドスタッフ、グランドハンドリングスタッフが、講師となってリアルな授業をしてくれ
るということにあります。

ANAでは、安全 お客様視点 社会への責任 チームスピリット 努力と挑戦を大切にしているということです。
特に「お客様視点」は、どう思っているのか相手目線で考えるという意味で、「友達視点」と置き換えても
いいでしょう。

5年生の子どもたちが、大勢のANAの「先生」から教わったことは、とてつもなく大きなことだったように
思われます。

全体の流れは、こちらのトピックスページからご覧ください。
 

10月19日 1年遠足 相模川ふれあい科学館・朝溝公園
1年遠足の様子

来年度ズーラシアに行く予定にしたため、2年生と同じ場所に行きました。
午前中は科学館で、淡水魚に餌をやったり、ザリガニをつかんだりしました。その後、麻溝公園のふれあい動物広場でたくさんの動物を見た後、お弁当を楽しく食べました。グリーンタワーにも昇りました。子どもたちは高さ38mの展望室からの眺めに歓声をあげていました。


10月26日 2年遠足 相模川ふれあい科学館・朝溝公園
2年遠足の様子

子どもたちにインタビューしたところ、こんな感想が返ってきました。「はじめてザリガニを持ったよ。」「水の生き物がたくさんいてすごかった。」「アスレチックがとっても楽しかった。」
昨年度のズーラシア遠足は、あいにくの雨でした。今年度は天気にも恵まれ、リベンジとばかり思い切り楽しんでいた2年生の子どもたちでした。
 

11月

11月2日 読み聞かせボランティア「たからばこ」お楽しみ会

「たからばこ」お楽しみ会の様子

演目は「浦島太郎」。色とりどりの登場人物が現れるたび、子どもたちは目を輝かせて
、物語の世界にどっぷりと浸っていました。
人気公演のため視聴覚室が超満員になってしまうので、今年は試しに、朝、業間、昼の
3回公演にしました。今では、草柳小になくてはならない行事となっています。
「たからばこ」の皆様、ありがとうございました。

11月5日 5年 出前授業 ふれあい天文学
ふれあい天文学

11/5、5年生は、10月のANAの出前授業に引き続き、国立天文台から研究者を招いて出前授業を受けました。
これは、国立天文台が事業の一つとして行っている「ふれあい天文学」に応募して実現したものです。

今回の授業の先生としてやってきたのは、国立天文台の井口聖副台長、電波天文学者です。
子供たちは、初めて聞く宇宙始まりや果ての話、電波天文学の話など先生の声に真剣に耳を傾けて手を動かします。
「なんだかものすごい人みたいだぞ」と思ったところで、先生から、
「実は小学生の時はサッカーばかりやっていて九九も満足に言えなかったんです」というエピソードを聞いて
一気に身近に感じる一幕も。最後の質問の時間にも多くの手が上がり、時間切れになってしまった児童が、
終了後に先生を取り囲む様子もみられました。

「研究者に限らず”物事に集中できる”ということがとても大事です。それさえできれば、ちゃんと夢はかないます」
この先生の言葉は、きっと未来を夢見る子供たちの糧として、大きな励みとなるでしょう。

 

11月14日 草小フェスティバル

2年生の活動

3年生の活動

4年生の活動

6年生の活動
笑顔の花たば絆の力で組み立てろ!

草フェス」の愛称で親しまれているお祭りが終了しました。
各クラス、バラエティに富む出し物を用意して、お客さんを楽しませていました。
米村でんじろう先生の影響か、サイエンスを取り入れたクラスが増えたのが今回の特徴といえます。


11月20日 4年 いのちの教室

いのちの教室の様子
市立病院の助産師さんと、すくすく子育て課の保健師さんによる「いのちの教室」は、
赤ちゃんが産まれるまでの過程を通して、いのちの大切さを考えていく出前授業です。
まず、いのちの始まりは、砂粒くらいの大きさで、6週間後には大豆くらいの大きさになるというのを実物の砂や大豆で確認しました。子どもたちは、「こんなに小さいんだ」と驚いていました。
授業の最後には、本当の赤ちゃんと同じ重さの人形をだっこしました。人形とわかっていながらも、慎重に両腕で支えている姿が印象的でした。